平成30年年間法要日程

2018年(平成30年)年間法要日程(予定)

奈良県速成寺の平成30年度の法要について御案内致します。

初講・永代経法要
1月    2日(火)午後2時~

春季彼岸会法要
3月24日(土)午後2時~

初盂蘭盆会法要
8月    4日(土)午後2時~

盂蘭盆会施餓鬼法要
8月16日(木)午後2時~

秋季彼岸会法要
9月22日(土)午後2時~

御会式・納骨納牌法要
10月21日(日)午後2時~

s_09

初講・永代経法要
新春を祝い、今日あることをご先祖様に感謝を捧げる報恩法要

春・秋季彼岸会法要
彼岸とは、此岸(しがん)に対する言葉で、人々を迷い世界(現実の世界)から、悟りの世界(理想の世界)へと渡す行事です。我々が悟りの世界に到るには、次の六つの方法を行えば、彼岸に渡る(悟りを得る)ことが出来ます。

布施(ふせ)他人にほどこすこと。
持戒(じかい)定められたことを守ること。
忍辱(にんにく)我慢すること。
精進(しょうじん)一生懸命頑張ること。
禅定(ぜんじょう)心を静かに保つこと。
智慧(ちえ)右の五つを正しい考えで実行すること。

初盆法要
初盆とは、故人の御霊(みたま)が初めてお家に戻られる大切な行事です。迎え盆と送り盆の二座の法要を速成寺本堂にてお勤め致します。迎え盆は、僧侶の読経のもと銅羅(どら)や鐃鉢(みょうはち)を鳴らし塔婆をたてて、初盆の御霊をこの世にお迎えいたします。又、送り盆では、お盆明けに故人の御霊をあの世に送る法要を厳修致します。

 

盂蘭盆会施餓鬼法要
施餓鬼供養とは六道世界(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)の中の餓鬼の世界に落ちた常に飢えに苦しんでいる者に、食べ物や飲み物などを施す供養のことです。餓鬼の世界とは、生前おのれの欲求のみに生きた者が陥る世界と言われていますが、私たちの先祖もまた知らず知らず欲深い行いをし餓鬼道で苦しんでいるかもしれません。お盆の時期に今生きている私たちが、先祖供養とともに施餓鬼供養も行い、徳を積み苦しむ人々を救うことで自分にも救いがあるとされています。

 

御会式・納骨納牌法要
御大会式法要の砌、年に一度の墓地、永代供養墓納骨堂合葬墓樹木葬墓の諸霊位追善供養法要を厳修いたします。